丸洗い+ほつれ直し。

 お茶会で着倒した後輩から、きもの、長襦袢、袴をお手入れで預かりました。
 そう言えば数年ぶりに預かったきものたちを拝見すると、衿や袖口の汚れはもちろん、至る所に汗汚れやシミを発見。ヒダが曖昧になってしまった袴。「ついでに裾の解れも直してもらえますか?」と長襦袢を預かったのですが、袖付けの解れがひどくて女性用の身八ツ口よりも広く空いてて袖が外れそうになっていました(苦笑)。きものの袖口(写真上)もご覧の通り1寸5分(約6cm)ほど、袴も脇が同じく1寸5分ほど(写真下)。あっ!血かなぁ、、、シミも発見。
 すべての見積もりを後輩に提案して承諾を得てからの作業開始となります。

脇の解れた袴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください