汗取り

汗はシミや変色の最たる要因。

 汗の成分は個人差がありますが98%以上が水分。そのほか塩化ナトリウム、尿素、尿酸、乳酸、アミノ酸などの有機酸をはじめ、アンモニア、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど実に様々な成分を含んでいます。とはいえ、汗は目立ちにくいので放ってしまいがちです。時間の経過とともに水は絹の繊維を傷め、そのほかの成分が黄ばみや染料を分解する変色の原因となります。早めに対処しましょう。
 汗取りは、専用の高圧水ガンやブラシを用いてタオルに汗を移す加工です。丸洗いや洗い張りと併せて行うとよりきれいになります。
【納期の目安】およそ2週間
【料金の目安】両脇/およそ3,300円(見積もり)


《汗をかいてしまったら》

①掛けて風を通す。
お召しになった後は、風通りの良い場所または扇風機で風を送って水分を飛ばしましょう。
型崩れを防ぐために専用の衣紋掛けなど真っ直ぐな棒に掛け、色ヤケしないように陰干しが鉄則です。

②タオルで水分を吸い取る。
特に汗をかいた箇所は、タオルの上に生地を置いた上から軽く霧吹きをかけて汗を浮かせて、上からタオルで抑えましょう。
大量に水分をかけてしまうと縮みやシミの原因になるので要注意。


《汗取りの工程》

①検品
汗の成分がある箇所を確認します。

②見積もり
品物をお預かりして1週間以内に見積もりをお客様に提示します。汗の成分をある箇所の大きさによって料金が異なります。
【汗取り料金の目安】両脇/およそ3,300円

③汗を浮かせる
霧吹きなどで水をかけて適度に濡らして汗の成分を浮き立てせていきます。

④汗をタオルに移す
専用の高圧洗浄水ガンを使って、下に敷いたタオルに汗を移す。

⑤さらにブラシで叩き落とす
さらに専用のブラシで叩いて、同じくタオルに汗を移す。

⑥アイロンで整える
アイロンで乾かしながら生地のめを整えて完了。


《汗取りの納期》

 お客様から品物をお預かりして見積もりに約1週間、見積もりを御承諾後約2週間、つまり【およそ3週間でお渡し】することができます。ただし、お急ぎの場合にはできる限り対応いたしますのでご相談下さい。


《汗取りの料金》

 シミ抜きは、すべて職人が判断後に見積もりを提示いたします。ただし見積もりは無料で、見積もり後のキャンセルも承りますのでお気軽にご相談下さい。
【汗取り料金の目安】両脇/およそ3,300円


《お手入れの種類》


5月末までず〜っとお得なキャンペーン中!