地味な柄で好きな色で。

 7月はじめに予定されているお茶会に出席されるお客様。
 「夏物はずっと同じものを着ていたので、今年は新しいのを一枚誂えようかしら。私好みの地味な柄で好きな色で、しかも良いのをお安く」と嬉しいかな窮屈かな、いや嬉しいかな。ということで、今年の夏向けの新作は3月初めに発表されますが、先日の京都出張中に取引先に眠っていた作品の中からお客様のお好みに合うものを値切って値切って手に入れていたのであります。大決算市最終日の昨日ご来店頂き、その中から2反が候補になりました。そうして本日、御自宅に持参してお手持ちの帯との相性を確かめられた上で、淡い淡い藍白[あいじろ]色にさざ波のような斜線が銀の刺繍とともに染められた一反に。これから五瓜唐花[ごかからはな]の紋入れとパールトーン加工へ。
 仕立て上がったら、帯〆と帯揚をご覧に入れよっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください