菊の長襦袢。

 御長男の結婚式に、黒留袖をお召しになるお客様。
 「黒留袖は色柄共に少し古い感じがしますが、母が嫁入り道具として誂えて持たせてくれたものです」なんて謙遜しておっしゃっていましたが、お母様への感謝の気持ちと、三人いらっしゃるお子様のはじめての結婚式を迎えるお母様としての歓びとが重なった笑顔がとても印象的でした。福岡市内での結婚式と披露宴なので着付などをお手伝いすることは叶いませんが、本日は事前の事前の準備。おかげさまで白い狢菊の長襦袢をお見立て頂きました「昨年他界した父が観賞用の菊を育てるのが趣味だったものですから、」と、色々な地模様をご覧に入れた中から菊を選ばれました。半衿は、雪輪に小さな市松模様の刺繍がぽってり施された一枚。
 おじいちゃまもおばあちゃまも、大喜びに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください