紬と絞り。

 長年に渡ってお召しになった三枚のきもの。
 写真右から八十亀甲の本場結城紬、四角の中に鹿の子絞りが粋な紬、将来的には羽織やコートや帯に仕立て替えることをおすすめしたい総鹿の子絞りの小紋というか無地というか小紋。いずれも素晴らしいきものたち。八掛が赤系ばかりで派手やしないかと思い、洗い張りとお仕立て直しをおすすめしましたが、「思い出のいっぱい詰まった三枚。もうしばらくはこのまま楽しみたいので、解れ直しと衿の糸をホックに付け替えてください」とのこと。胴裏が変色していること以外は特にシミや痛みがなく、大切にお召しになっていらしたのがよく分かります。こちらの勝手な思いつきよりも、お客様の想いに寄り添うこともまたひとつ。今年一番の寒さの中、御来店頂いたお客様には最敬礼。あたたか〜いんですよね、結城紬も絞りも。1日も早くお客様のもとへお返しせねば。
 ちょうどその頃、若女将は結婚式に出席されるお客様の色留袖の着付に孤軍奮闘。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください