桃色の色無地。

 染め替えをご希望でお預かりしていた桃色の色無地。
 これまでも幾度となく色無地の染め替えに挑んで参りましたが、今回は残念ながら何も手を加えずにお客様のもとへ里帰りすることになりました。お客様が希望された青磁色に染め替えるために、洗い張り後にシミ抜きや抜染(漂白)をする旅に出たのですが、茶色く変色してしまったシミが頑固すぎて色が抜けずに、ご希望の色ではシミの茶色が浮き出てしまうということで断念。シミの茶色を隠してしまうほど濃い色に染める方法もあったのですが、「将来的に濃い色の無地も欲しいのですが、今は主に茶事や子供の学校行事に着る淡い色が欲しかったので」ということで。実は色無地がもう一枚現れて無事にご希望の青磁色に染め替わり、それと一緒に染め替えを阻害する茶色いシミのある無数の箇所に赤いシールが貼られたままの状態で桃色の色無地が帰って来ました。まるで経絡に沿ったツボの図かのように。
 焦茶色に染め替わる日はそう遠くないはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください