娘が袖を通す前に、

 「嫁いだ娘が孫の卒園式に着物で出席したいって言うのよ」とありがたいご相談。
 「そういえば家に若い頃着ていたピンクのがあるんだけど、染め替えられないかな」とお客様。
 「もちろんできますとも!色白のお嬢様にはちょっと渋い紫はいかがでしょうか」
 「それだったら私も着れるもんね!」とにんまり。
 「それで帯はどんなのが良いわけ?」
 「卒園式ならこういう感じの名古屋帯はいかがでしょうか。無地にならこの感じがぴったりです」と、すかさず広げたなごや帯数点。
 「これに決まり!決めると早かでしょ!」と大笑い。薄水色に立涌と可愛らしい花たち。白っぽい小物を合わせたら、染め替えの紫といい、お客様のセンスが光ります。
 帰り際に一言。「私が着ようかな、娘が袖を通す前に(笑)」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください