幸せいっぱいのお手入れ。

 御結婚式でお召しになった振袖と長襦袢、黒留袖用の長襦袢をお預かりしました。
 新婦(三女様)のご実家に伝わる古い古い振袖は、檜扇に御所車という格式ある古典柄。確か、この振袖は新婦のお姉(長女)様もお召しになっていて、その時にこの振袖に合わせて長襦袢を誂えて頂きました。のはもう3年前。同じく選んで頂いた刺繍の半衿とも久しぶりの再会。黒留袖用の長襦袢と3枚とも丸洗いでお預かりしたのですが、「大切に取っておきたいから、」と半衿は外してから長襦袢、半衿ともにそれぞれ洗うことに。新郎新婦は新婚旅行の最中、嬉しそうに持ち込まれたお母様の笑顔が印象的でした。
 からうって代わり、夕方5時からは若女将レッスン!「お正月までに一人で着れるようになりたいです!」と数日前にもらった熱気むんむんのお電話にお応えして。何と言っても「お正月まで」に加えて「ゼロから」、けどやる気は十分。しかも遥々お隣は伊万里市から。残る20日で仕上げなければ!という使命感に満ち溢れ、寒いなんて言ってられない若女将なのであります。
 きものをお召しになったお客様、きものをお召しになりたいお客様。それに応えるべく熱気むんむんで半袖の若女将。まさに腕の見せどころであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください