八掛の色を替えただけで、

八掛の色を替えただけで、

 お客様のお宅へ箪笥の整理に伺った折に預かって来た小紋。そう、僕も若女将も好きだった小紋。ようやく洗い張りを終えてこれから仕立て屋さんの手に委ねようというところ。
 全体に古いシミや変色が見られたのですが、そんなのを凌駕するほどお洒落でお客様によくお似合いになる一枚。今のままでも十分に素敵なのですが、八掛の生地が汚れていた上に擦り切れて弱っていたことも相まって、お年を重ねられた現在のお客様の雰囲気にさらに寄り添って素敵に着こなしてもらえるように、仕立て直しを機に八掛の色を替えるように提案しました。
 「そうですね、色は池田屋さんのセンスに任せます!」と一任頂いたので、以前ついていた淡い藤色から写真の墨色に。ただでさえお洒落な真っ黒に臈纈染の市松ですが、裾まわりを墨色にすることで色とりどりの暈しがさらに引き立ちますよね。帯合わせも楽しみになってしまいます。
 並行して仕立てている羽織も、選ばれた裏地がまた素敵で楽しみなんです。乞うご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください