生後2ヶ月のお宮詣り。

男児のお宮詣り

 おばあちゃんとともに、久しぶりにお宮詣りのお客様。
 こんな大変な時期に、無事にお父さんとお母さんに逢いに来てくれた赤ちゃんに感謝するほかありませんね。視線やお顔立ちがしっかりしているなぁと思ったら、3月初めにお生まれになったのだとか。一般的には生後30日前後を迎えた頃に産土神様への奉告を兼ねてお宮詣りをするのですが、さすがにこの渦中とあっては遠慮されていたみたいです。「引き締まった感じがして黒地が好き」とおっしゃっていたのですが、写真の紺地に鷹に決定!
 家紋は『丸に片喰』。片喰は、クローバー(シロツメクサ)とよく間違えられますが、まったく別物。繁殖力が強く、一度根付くと絶やすことが困難であることから「(家が)絶えない」に通じ、古くから家運隆盛・子孫繁栄などの縁起担ぎとして重用されました。唐津市内でもよくみる家紋のひとつです。
 お父さんの休みが取れた今週末の16日(土)にお宮詣りって、、、大至急の紋入れへ。こんな御時世に生まれたからこそ、たくましく育って欲しいものです。

追伸
地模様がきれいに写ったので、逆さの写真にご理解願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−
○5月のきもの成績
若女将7vs7若旦那
−−−−−−−−−−−−−−−−
○4月/27vs28!
−−−−−−−−−−−−−−−−
△3月/29vs29
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉2月/27vs26
−−−−−−−−−−−−−−−−
◉1月/27vs11
−−−−−−−−−−−−−−−−

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください