紬のシワを整える。

明日の着付の御予約でお預かりした、髭紬アンサンブル(きものと羽織)。
お忘れ物がないかチェックをしていると、結構な畳シワを見つけたので、蒸気と手アイロンで整えました。当然のことながら弊社が頼りにしている熟練の職人の足元にも及びませんが、僕の浅はかな経験と知識で。
 高価で大切なきものにアイロンって勇気が要りますよね。素材や加工によっては僕も手をつけるのを躊躇するのですが、や織りの帯などはみなさんでも割と簡単に整います。もちろん生地に直接当てると縫代などの凹凸でテカッてしまうので、アイロンを浮かしたまま蒸気だけを当てて生地をほぐし、地の目に沿うように手で縦横に伸ばしながら整えるのがコツです。
 僕のシワザ。な〜んちゃって、

ご覧のとおり、ほぼ整います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください