網代市松文様。

 表は質素に木綿、裏は網代市松文様の絹。こんなに粋なことはありません。
 本日も粋で鯔背な唐津っ子のお手伝い。高校生の頃から唐津くんちの曳子として参加、現在は社会人になってようやく長法被を手にして仕立ての相談。言わば一端の唐津っ子として認められた証。という嬉しさ反面、表地に裏地仕立てにお金がかかることもまた事実。入念に裏地の色柄や値札の数字を見比べて、、、網代市松文様に決定!「この裏地は唐津市内でも池田屋でしか取り扱ってないので、数多くいる曳子たちの中でもお一人しかいないでしょうね」ってのが最後の決めて。
 龍や虎など一枚の絵になった額裏もいいけど、鳥獣戯画や網代市松のように小紋柄もまた粋。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください