おてのもの。

裾の解れた大島紬

 たくさんお召しになるからこそのご依頼、裾の擦り切れやほつれ直し。
 きものが生活の一部になっている方がどうしようと悩まれた時、相談相手として弊社を選んでくださることが本当に光栄です。お母様から譲り受けられた袷の紬。お仕事でお召しになることが多いのですが、糸が劣化していたため、裾まわりが見事にほつれていました。よくみると擦り切れも多数。お任せください、おてのものです!きもの生活に寄り添えた時こそが最大の喜び。
 きものは着る物、着てなんぼ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください