最終日と祝賀奉曳。

 いよいよ唐津やきもん祭り唐津はきもん祭りも最終日。
 昨日4日は後輩の結婚披露宴、本日5日は唐津くんち赤獅子生誕二百年祭と祝賀奉曳のために鼻緒挿げ担当の若旦那不在でしたが、下駄草履にもんぺに浴衣に初日から本当にたくさんのお客様に恵まれました。そんな本日も曳山の巡行を一目見ようと弊社二階の特等席でご覧になったお客様が夏用の草履を一足、久々ご来店のお客様が浴衣、以前から楽しみにされていたお客様がお嬢様の礼装用に一足など、オレ不在にも関わらずにお買い上げ頂きました。しかもお嬢様の草履をご覧になったお客様に至っては、弊社前を曳山14台が一度通過して再び通過する10分ほどの間のドタバタ劇で決められたのだとか。だって早く決めてしまわないと弊社前で記念の餅まきがありましたから(笑)。
 かく言う僕は、新天皇陛下御即位と赤獅子生誕二百年祭を祝うべく、朝6時集合で記念撮影にはじまり、万歳三唱、餅まき、祝賀奉曳、餅まき、記念祝賀式典、直会と夜10時の解散まで次から次へと押し寄せる波を一身に受け止めて突き進みました。約3年の歳月をかけて検討と試作を重ねて紆余紆余曲曲折折の末にお披露目することができた長法被の評判は上々で、二百年に一度という大きな節目に拝命した若衆の取締としての役回り、正直言うと僕にとっては荷が重すぎましたがすべての御縁に感謝して長い一日を楽しむというか噛みしめることができました。もちろん赤獅子を製作奉納した先人たちへの敬意を忘れず、これまで導いいてくださった先輩方、文句ひとつ言わずについて来てくれた後輩たちのおかげさまで感謝するほかありません。
 ふぅ、ばたん、きゅう。

追伸
明日と明後日は振替休日。

40年振りに新調してお披露目を迎えた長法被。

最終日と祝賀奉曳。」への2件のフィードバック

    1. >miss赤獅子さま、
      毎度ありがとうございます。
      感無量ですよ。
      これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください