染め帯に魅せられて、

 江戸小紋「極通し」を買おうか買うまいか、悩まれていたお客様。
 「どんなきものを持っていたっけ?」「どんな帯と合わせて着ようか、」などとご自宅の箪笥の中に想いを巡らせていらっしゃるところへ、まるで春霞のような淡い桜鼠色にぼんやりと桜の樹が浮かぶ染め帯が現れる(というか広げてご覧に入れる)と一転!!!「あぁ、、、この帯が出て来た時点で心に決めました」と染め帯に魅せられて。この「極通し」は、四角いつぶつぶが縦横に並ぶ「角通し」の極細かい版。「極通し」の型紙を彫ることができる腕の立つ職人は極々限られていて、近い将来なくなってしまうのではないかと言われています。こんな粋でお洒落な江戸小紋に、こんな素敵な染め帯を合わせてお召し頂けるなんて、、、と惚れ惚れしているところへ現れたのが風神雷神の染め帯(写真下)。
 というわけで、染め帯に魅せられて。

お腹が風神、お太鼓が雷神の染め帯。俵屋宗達の写し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください