男前はつらいよ。

 七五三詣りのお手伝いがまだまだ続いております。
 本日の男の子は、おとうさんが子供の頃にお召しになった一ツ身と袴を着て。光沢のある綸子地の黒いきものと好対照な衿元の若葉色が、たったそれだけで男らしさと初々しさを感じさせてくれます。縞の袴でキリリと。「神社に行くまでは歩きやすい方がいい」とスニーカーを履いたまま店を出たところで、「おじちゃんに一枚写真を撮らせて」とねだると、「眩しいよもぉ〜」なんて言いながら一枚。
 元気に男らしく大きく育って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください