女子高生はきもの好き。

 汗ばむ昼下がり。制服姿の女子高生が来店。
 「仕立てだけってお願いできますか?」おずおずと。「もちろん!ところでお急ぎですか?」「今度の花火大会までに」。ちょっとドキドキが伝わってくる、はじめての採寸。つづけて「浴衣の着付けはどうするの?」と若女将がたずねると、「毎年おばあちゃんに習って自分で着ていたんですが、そのおばあちゃんが他界したので、今年は教えてくれる人がいません」としょんぼり。「私で良ければいつでも教えるよ!」と若女将。「本当ですか!!じゃあ来週来ます!」と真夏の果実のような弾ける笑顔!「きもの、大好きなんです!」去り際の一言に僕も嬉しさ満点。
 預かった浴衣、ビシッと仕立て上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください