水引を掛ける。

 可愛らしい一ツ身が仕立て上がり、納める日がやって来ました。
 本当は仕立て上がった、それはそれは可愛らしい姿とお客様の強いご希望で大きめに入れた刺繍家紋をお見せしようと思っていたのですが、時すでに遅し。すでに包装されていて、掛けられていた水引を。紅白に染められた麻紐を起源とする水引は、ご存知の通り現在は紙縒りでできていますが、よくもまぁこんなに細かく整然と結べるものですね。お子様への愛情たっぷりに白生地を染めて誂えられたので、そのお気持ちにお応えして豪華な水引を掛けました。
 健やかなる成長を祝い、祈るばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください