試し履きの1足目。

 2月に開催した向島めうがや足袋誂え会にて、ご新規の誂えを承ったお客様への試し履きの1足目がようやく届きました。
 片足ずつ30箇所ほど採寸した寸法から型紙を製作、裁断、縫製、仕上げに至るまですべて手づくりのため、1足目が仕立て上がって届くまで約2ヶ月を要します。めうがやさんの誂えは6足から承るのですが、そのうちの1足目はまさに「試し履き」なんです。履き心地はもちろん、洗い方(洗濯機や手洗いなど)や干し方(天日干しや陰干し、乾燥機など)はお客様によって様々。そこでまずは1足目は洗濯を繰り返しながら2ヶ月ほど試しに履いて頂き、次回の誂え会時に履き心地や履き姿を改めてめうがやさんと面談しながら型紙を微調整をするかしないかを決定。それから5足を正式に誂えるという運び。場合によっては再度試し履きの1足を仕立ててみて履き心地を確かめて頂くことも。「当店で足袋を誂えて頂くからにはずっとお世話をして差し上げたい。履き心地はお客様がお決めになること」という向島めうがやさんの足袋への想いは国士無双です。今回のお客様は、めうがやさんがご贔屓にされてるブラシやさんの手づくり馬毛ブラシもお求めになりました。手づくりの足袋を手づくりのブラシで丁寧に洗う。こんなに足袋を大切にして頂けるのも、めうがやさんの想いに応えられてのこと。既製品ではあり得ない喜び。
 次回は9月を予定している向島めうがやさんの足袋誂え会。みなさんもいかがでしょうか?

◉向島めうがやの足袋誂え会はこちら → http://kimono365.jp/?page_id=5252

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.