本日は唐津市成人式。

 晴れ姿を見せに来てくれた新成人の中から、3名を紹介します!
 まずお一人目は、先輩夫婦のご長女。残念ながら他界されてしまったおじいちゃんとおばあちゃんが誂えてくださっていた立派も立派な振袖。刺繍の半衿も重衿も、帯〆も帯揚も、特に胸元と立て矢結びの間からと素敵に色を添えていた絞りの帯揚がたまらなく良かったんです。そして真っ赤な絞りの生地が可愛らしい尺籠がまた色を添え、写真には写っていませんが刺繍の鼻緒を挿げた畳表の草履が古き良き振袖一式をまとめあげています。

稀に見る黒紋付羽織袴にホッとします。
 二人目は、赤や金や黄など色とりどりのきらびやかな紋付袴姿が右往左往する中、羽二重の黒紋付に白い羽織紐、白い鼻緒の雪駄、白扇を脇に差した縞袴でまさに正装。こんな晴れ姿を目にするとホッとしますね。こちらも小さい頃から知っている近所の二男くん。すっかり縦にも横にも大きくなっちゃって、お勉強もがんばっているみたいでおじちゃんもおばちゃんも嬉しいよ。

わざわざ見せに来てくれた仲良し家族に感涙。
 そして三人目は、お母さんの振袖を着た社会人の新成人。お客様のご紹介で知り合ったお母さんが「私が二十歳の時に着た振袖を娘に着せたいんですけど、娘が気に入らないって言うんです」とご相談を頂きました。若女将が本番同様に着せながらお嬢様の顔色を見ながら小物を合わせていくと、少しずつほころんでいき納得の成人式。ヘアメイクも着付も紹介した美容室でのことでしたので、どうしているかなぁと気にしているところへ「お礼の挨拶に来たかったので、」とお母さんもご本人も、妹さんも満面の笑みでご来店。こんなに嬉しいことはありません。
 今年もたくさんの節目を迎えた新成人のみなさん。もっともっと日本を嗜みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください