雪のお宮参り

 年の瀬に「着付をお願いしたいのですが」と一本のお電話。
 「どんなご用があるのだろう?」と思っていたら、コーディネートの相談に合点。おばあさまの腕の中にはスヤスヤと寝息を立てる赤ちゃん。「お宮参りに(赤ちゃんの)ひいおばあちゃんの色留袖にするか、おばあちゃんの訪問着にするか迷っているんです」とおっしゃったふろしき包みの中身を拝見すると、桜色の色留袖と抹茶色の訪問着。
 若女将「まだお若いのでこちらの桜色にしてはいかがですか?帯も華やかな白にして」
 お客様「帯〆と帯揚はおまかせするので新しいのを見立てて下さい」
 若女将「それでは若草色で彩りを、豪華な帯揚で品を添えて」
 お客様「じゃあ、それにします!」
 そうして赤ちゃんが目覚めて泣き出した頃にお帰りになりました。今週末のお宮参りは雪が祝福してくれるらいしですよ。おめでとう。もうすぐ新しい時代の幕開けだね。
 人生最初の節目。着付をお手伝いして池田屋も祝福します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください