いとおかし。

 この冬一番の寒さには、店内で縮こまってしまいがちです。
 そんな午後、1件の配達ついでにもう少しだけ足を伸ばして新年の挨拶に伺った先でのこと。いらっしゃるかどうかも定かではない中、つまり一般的に申し上げるところのアポなし訪問。「あけましておめでとうございまっす!」と玄関の扉を開けまして中へ一歩足を進めると、さすがにストーブ一台では温まるはずもない広いお部屋の中でせっせとお仕事中。お顔が見れたこと出し帰ろうとすると、「まぁ、お茶でも一服どうぞ」と、煎茶か焙じ茶かと思いきや、おめでたい干菓子が目の前に。見とれているとシャカシャカシャカ〜とお茶を点てられていました。ひとしきりお話しした後には「持っていこうかと思っていたからちょうど良かった!」と年末年始を御主人様のご実家で過ごされたお土産まで頂戴したり。
 こんなおもてなしの心こそ、いとをかし。

追伸
 店に戻ってホッとしたのも束の間、近所で建物火災が発生!とメール着信。仕事の手を止めて、身を切る寒さの中を自転車で現場に向かいました。あ、地元の消防団として。幸いにも到着した途端に鎮火し延焼の恐れがなかったので即解散。そちらさまも火の用心でよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください