唐津鶴城同窓会

攝津投手を見守る、、、

 両親から事業を引き継ぐにあたり、商売繁盛とともに地域社会へ還元することを大きな目標のひとつにしています。
 実は今年度、母校である佐賀県立唐津東高等学校(旧制学校を含む)の卒業生で組織する唐津鶴城同窓会の幹事を任されています。例年は秋に総会ならびに懇親会(チケット制)を開催し余剰金の一部を母校に寄付しているのですが、ここ2年ほどはご想像の及ぶところ。ですが今年こそは開催できるのではと準備を重ねています。そんな中、花の高校生活を様々な制限下で過ごしている後輩たちのために『現役生応援プロジェクト!』を立ち上げました。
 本日はその2回目で、甲子園を目指す後輩たちに向けて指導してくださるスペシャルゲストは元ソフトバンクホークスのエースで日本プロ野球史上屈指の名投手・攝津正さん。キャッチボールにはじまり党内連携、ピッチングに至るまで優しく丁寧にご指導くださいました。変化球の握り方、ボールの軸や回転について細かく解説された最後には、ピッチャーとキャッチャーに対してストレート、カーブ、スライダー、伝家の宝刀シンカーに至るまで七色の球を惜しげなく放たれました。何よりも、後輩たちが真剣に楽しそうに練習に取り組んでいる様子が嬉しかったです。
 それを福岡ダイエーホークスのひとりとしてネット越しに見守っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください