いざとなったら貼り紋!

いざとなったら貼り紋!

 昨年末に黒留袖と長襦袢のお手入れをお預かりしました。
 一度お召しになったもので汗や衿汚れなどのシミ抜きに加えて脇の解れなども承りました。またさっそく2月にお召しになる予定があるとのことで嬉しいばっかりなのですが、黒地に白く染め抜かれている「糸輪に剣花菱」の五つの御紋が黄色く変色していて、中でも最も目立つ背中と左胸が特にひどくって。どうにか手を加えられないものかと加工先に試してもらいましたがうまくいかずに、結局のところ家紋を描いた生地を貼り付けて周りをチクチクと縫い付ける貼り紋を提案しました。お客様からすると紙のようなシールを貼り付けるのではないかと心配されましたが、現在の技術はたいしたものでご覧の通り。近寄ってジーッと眺めたり手で触ったりするとさすがに判りますが、ちょっと離れて見るとほとんどわかりません。
 いざとなったら貼り紋!五つで税込12,100円の技術を皆様もぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください