きものでお食事会。

きものをお召しになってお食事会

 「きものを着て食べに行きたい」とおっしゃっていた念願が叶って日本料理店へ。
 おひとりは若女将レッスンの優等生でご自分でお召しになって池田屋集合、もうおひとりは「私は着せてもらうって決めてるの」と若女将着付サービスの常連さん。まるで打ち合わせていたかのように色は違えども大島紬、に優等生は博多織献上がすっきりのなごや帯、常連さんは藤山千春さんの草木染め間道のなごや帯
 弊社からすぐ近所にある日本料理店には徒歩より詣でける。ほどなく目の前の駐車場に停めてあった車が動き出し、移動開始。きっとしゃべり尽きなかった違いない、という僕の予想は的中。車で5分ほど、喫茶へ。小一時間ほどして帰って来られた時の笑顔に満腹と満足感が溢れかえっていました。
 なんてったって、きものをお召しになりたいっておっしゃるのですから。なんて良い日だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください