池田屋呉服店で誂えた証

池田屋呉服店のタグ

 弊社でお買い上げ頂いたきものを仕立てる場合、衿の内側にタグを縫い付けます。密かにその裏側には仕立てた方のお名前と仕立て上がった年月を記しています。
 写真のきものは、数日前にお手入れでお預かりした江戸小紋。お買い上げ頂いたのが最近なのでさすがに覚えていましたが、裏側を拝見すると令和2年に仕立て上がったことがわかります。仕立てた方のお名前を書いているのはいろんな理由がありますが、ひとつは仕立て直しなど新たに手を加える場合に役に立つからです。実はそれぞれ仕立て方が異なるため、同じ仕立て屋さんにお願いする方がやりやすいのです。
 写真の江戸小紋についていたタグは最も古いタイプ。手のひらにタグを乗っけている写真は、下の小さいのが最近まで使っていてもうすぐ在庫が切れてしまうもので最も古いタイプとほぼ同じサイズで紫のロゴマーク、大きいのは次に使い始める最も新しいもので薄茶色のロゴマーク。サイズの違いは僕のオーダーミス(涙)。
 情報がたくさん書き込めます!と、前向きに捉えて。いつもの3倍の数が届いたことはまた別の話。

池田屋呉服店のタグ
池田屋呉服店のタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください