若旦那の着方レッスン!

 久しぶりに男性の着方レッスンの御予約を承りました。
 しかも僕が尊敬する経営者のお一人で、どこぞの会長様。「いつも着付をお願いするばかりで迷惑をかけるし、きものを着て行きたい時にいつでも着て行けるようになりたい」と、いわゆるひとつの70の手習い。目標は3月に予定されているお茶席!ということは長襦袢きもの、帯に止まらず、(難題と思われがちな)まで。
 さて、まずは手始めに僕がひと通りどうやって着るかをお見せして、イメージを植え付けます。そしていよいよ長襦袢、続いてきもの、そして帯を、横に並んで同じ向きで同じ手つきで一緒に着て行きます。細かいことはさておき、本日の目標はとにかく着れるようになること。会長は感覚派ではなく理論派なので、着方のコツというよりも、どうしてそうするのか理由を添えながらお教えしましたが、しかしまぁ驚きました。覚えられるのが早いこと、手つきの良いこと。2回ほどで帯まで上手にお召しになりました。ということで次回はまで。お忙しい会長の手帳とにらめっこしながら、3回目までを決定。
 今年は自分できものが着れる男前を、唐津に最低20名増やします!それが僕の生きる道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください