越後片貝、紺仁綿紬。

 陸の孤島(と言ったら怒られますが)、宮崎県から時折ご来店のお客様。
 本日は染め替えを承って素敵の色に仕上がった紬の反物の納品と、それに合わせて八掛の色合わせと胴裏をお買い上げ頂きました。お仕立ては毎度ながら近所のお知り合いにご依頼。と、一件落着したところでお客様の目に飛び込んでしまった『紺仁綿紬』。「えっ!?この紬、お洒落じゃない!」とすっかり絹織物だと勘違いされたままお顔元に当てては鏡越しにご覧になって、「これちょうだい!」と電光石火の二件落着。
 といきたいところでしたが、さすがに木綿を絹と勘違いされたままお買い上げ頂く訳には参りません。新潟県は片貝生まれの綿織物だということを説明した上で、金額は税込23,100円、お仕立て前に水通しをしてしっかり生地を縮ませることをおすすめして改めて商談成立。したところで「えっ!?これも素敵じゃない!」とパンダの柄がプリントされたフィンレイソン風呂敷もご購入。これで三件落着。
 まさに展示即売。なーんちゃって、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください