冬の小さな小さなマーケット。

 友人夫婦が営むベーカリーカフェ・ヌフで開催された『冬の小さな小さなマーケット』に手ぬぐいと蚊帳ふきん、ちょっとした小物を準備して出店しました。
 ヌフは、唐津にパン屋さんらしいパン屋がなくなってしまって久しい15年ほど前に山田峠にオープンしました。その後、現在の北城内に移転しましたが、オープンしてまもない頃に足を踏み入れて以来、食事にイベントに家族ぐるみでの付き合いにたくさんの想い出があります。そんなヌフでの今回のマーケットは、相変わらず降って湧いたような思いつきで開催が決定。大切なロゴをデザイナーから預かって、フライヤー(チラシ)の制作から内容の相談、当日の出店まで隅から隅までお手伝いしました。

オープンしてまもなくは、瞬間的な人口密度唐津第一位だったに違いない。

 曇りから雨へと向かう天気予報にお客様の腰が重たくなるのではと心配しましたが、11時にオープン後には百貨店のバーゲンセールかのような店内!まずは食べ物たちが泡の如く次々と消えていったのです。とともに奥にある物販会場にも徐々にお客様が賑わいはじめ、弊社は手ぬぐいを中心に、よそも雑貨に農作物にお菓子に、小雨の降り始めた昼下がりには嬉しやまさかの品薄状態。途中、お嬢様の成人式のご相談を受けたり、新たな御縁がたくさん生まれて本当に楽しい1日でした。気づくと昼ごはんを食べ忘れていて、ふぅ。
 来年も開催が決定し、お客様はもちろん店主たちももっともっと嬉しく楽しくなる、唐津にしか、それぞれの参加店舗にしかできない冬の小さな大きなマーケットに育てて行きます!ではまた来年!

追伸
本日のコーデは、ギンガムチェックの片貝木綿に、近所で買ったトリコロールの生地を半衿に。

たくさん嫁いで行った手ぬぐいたちと評判だけはよかったヒツジカイロポーチ。
窓に貼るしかなかった蚊帳ふきんと即席クリスマスツリー。

冬の小さな小さなマーケット。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください