黒留袖の仕立直し。

 「今度黒留袖を着ることになって」とおずおずと御来店。
 事情をお聞きすると3点もある黒留袖のどれかをお仕立て直しして、来月の結婚披露宴にお召しになるご予定とのこと。さあてどの留袖にしましょうか。一つは40年も前に、亡くなったお母様が誂えられたという一枚。もう一つはご親戚のどなたかから譲り受けられたという丈の短い一枚。そして最後が写真の一枚。お母様が20年ほど前に誂えられたそれはそれは立派なもの。さんざん悩まれた挙句「よし、お母さんを一緒に結婚式に連れて行ってあげるか」と最後の一枚に決められました。
 本当はもっとジーンと来るここで書けない素敵なドラマをよそに、黒留袖比翼付きのお仕立て直し、洗い張りも合わせて6万円(税別)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください