「茶ヲ点テル」に興味津々。

 茶道裏千家淡交会唐津青年部主催「お茶ごっこ」。
 みんなでお菓子をつくって、お茶を頂く作法を学ぶ。という小学生以下のお子様と親子体験プログラム。初めての試みだったのですが、おかげさまで募集開始から程なくして定員いっぱいになりました。今回は自宅でも簡単につくれる『芋餡のどら焼き』に挑戦!見事に完成したら、どら焼きをお皿に乗っけて隣の部屋へ。まずは唐津青年部による「茶ヲ点テル」所作を見学してもらい、続いて子供たちはお茶を運ぶチームと頂くチームに半分ずつ分かれて、我々が点てたお茶を運んだり、さっそくどら焼きを口にしてはお茶を一服体験。もっと退屈するかなぁと思っていたのとは裏腹に、見学も体験も予想以上に夢中になってくれて、興味津々な姿に驚かされてしまいました。もっと驚いていたのは、子供たちがお菓子づくりにお茶に夢中になって見向きもされなかった唐ワンくん。
 茶道も捨てたもんじゃない!

茶ヲ点テルにかぶり付いて興味津々。
茶でもてなすのも、頂くのも夢中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください