月例放水訓練。

 今月も月に一度の放水訓練。
 秋の深まりとともに夜明けが遅くなったのと、いつもより1時間早い6時集合。久しぶりにヘッドライトが必要な暗さの中を、ポンプ車格納庫へ。実のところ、我々地域の消防団は唐津市役所の準公務員という立場で活動をしているため、唐津市から各分団に支給された活動服やブーツ、帽子やヘルメット、グローブを貸与品として預かっています。しかしながらヘッドライトや雨合羽の支給はなく、我が内町分団では各個人に支給されるはずの活動費の中から捻出して購入しました。火災や行方不明者捜索では、雨の中の活動もあれば、暗い夜の活動もあるというのに。
 そんな中、タイミングよく同級生で市議会議員の先生から「今度の議会で提案して欲しいことはありませんか?」と尋ねられたのでこの件を話してみると、さっそく議会で質問してくれました。記録的な豪雨や大型の台風などが日本列島を襲い続けています。そんな今だからこそ地域の安全安心のためにできる限りの活動をと意気込んでいますが、さすがに最低限の装備は頂かないと。ですね。
 今後も我が内町分団では技術の鍛錬を重ね、意識と知識を共有して地域の防災に努めるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください