森口華弘さんのなごや帯。

 友禅染めの技法で重要無形文化財保持者、いわゆるひとつの人間国宝に認定された森口華弘氏。特に森口流と呼ばれるほど苦心されて習得された撒糊技法と、友禅染めの技法を併用された作品は有名です。
 写真のなごや帯は、ほんのり黄色みのある白い縮緬地に、撒糊も友禅の技法も用いずに勢いよく真っ赤な筆を走らせて梅を描かれた一枚。お歳を重ねられたお客様が、姪っ子様に譲られる途中に池田屋に立ち寄っているところです。実はところどころ変色したりしていたのですが、染色補正の神様仏様日名川先生の手に委ねて真っさらのような輝きを取り戻しました。それにしても、紅梅ばかりが描かれているようで、白梅も描かれているようにも見えるすばらしさ。
 姪っ子様には惜しげなく結んで頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください