水引の帯留、みたび。

 この夏最後の夜なべを覚悟して結んだ水引帯留2つ。
 1つ目は、本日浴衣を着てフラワーアレンジのワークショップを開催する彼女に。自ら着る機会を設けては、夏を楽しみながら大好きな花のお仕事でお客様に喜んで頂こうと言う模範的な夏の女王。彼女のインスタグラムに、いかにも今回のワークショップに使う艶やかな紫色のダリヤがアップされていて印象的でしたので、それをイメージしてもっこりと華やかに。全くもってダリヤには見えませんが、白だけで立体的に結んだところだけ及第点をください。
 2つ目は、長女が生まれたときからずーーーーっとうちの3人娘たちのことを順番に可愛がってくださっている先輩としても母親としても働く主婦としても尊敬している方へ。実は明日が◯◯回目のお誕生日という今日の佳き日に浴衣をお召しになるってんで、存在感のある花を一輪。きっと浴衣はアレで、半巾帯は新橋色の紗献上。その上に結ばれる紐の色や太さが、お祝いの花と合いますように(祈)。
 さて。明日のお天道様のご機嫌、二人の浴衣と帯の組み合わせやいかに。 

ダリヤをイメージして結んだ水引帯留

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください