元年あるある。

 元号が改まる瞬間、「平成の空気」を瓶に閉じ込めた人がいたとかいなかったとか。
 午前0時を過ぎて一体何と挨拶したらいいか悩んだ人がいたとかいなかったとか。一夜開けてみると町中に「祝令和」の張り紙やら掲揚された国旗やら。新たな気持ちで迎えた唐津はきもん祭り5日目は、朝からお手持ちの草履の台だけを替えるのと下駄鼻緒だけを替えるお客様、振袖のお客様2組に、やきもん祭りや観光に来られた方々、「ニューヨークの空気が吸いたくなって、」とアメリカを往復した帰りにふらっと立ち寄ってくれた友人、そんなつもりじゃないのに新しい履き物を誂えてくださった方など大賑わいでした。
 ということでさっそく令和はじめての挿げめでたく終えて伝票に気合を入れて鉛筆を走らせるとうっかり、、、31と。えーい!31をどうにかして令和に、、、できなーい!!
 新しいこの時代もこの調子で頑張りまっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください