うさぎと亀。

 「すべて任せます!」と長襦袢の洗い張りとお仕立て(寸法)直しを承りました。
 長襦袢が洗い張りから上がって来て改めて算段してみると、ご希望の寸法に直すには肩巾も袖巾も足りない上に、身丈も足りないことが判明。さあ、ここからが腕の見せ所。本来は袷(二重)になっている袖を単衣に、と言うか袖口と振りにだけ袷に見せる半無双に。余った生地で袖付と袖口についで肩巾と袖巾を繕いました。お客様にその旨ご説明すると「半衿はこれをつけてちょうだい」と珍しい柄の一枚。白地に刺繍で可愛らしいうさぎと亀。
 宿題が出ても寝て時を待つ僕に似ていて、ついついうさぎに感情移入してしまうのはご愛嬌で。

追伸
ドジでのろまな亀を演じた堀ちえみさんが一歩ずつご回復を祈るばかり。
スチュワーデス物語 https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0289/

足りなかった袖巾を継いでご希望の寸法に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください