ミルクレープのような草履。

 もはやこの可愛らしさは今年一番かも知れません。
 来春に控えた成人式を前に、お母様の振袖に帯や小物を替えて新たな装いを。刺繍の半衿、重ね衿、袋帯、丸ぐけの帯〆、絞りの帯揚、そそそして最後の最後に決まった鼻緒。青みを帯びた鈍い灰色の錆鼠色と柔らかな白みを帯びた青の白群色を重ね合わせたミルクレープのようなお洒落な台に、悩んだ末に白地に朱色の梅の花が刺繍された可愛らしい鼻緒との組み合わせに決定!足のサイズも形も拝見したので僕の手で挿げても良かったのですが、そこは念を入れて京都の職人さんの手に委ね、本日挿げ上がって来ました。台と鼻緒を組み合わせていただけでも可愛らしかったのですが、こうして挿げ上がると可愛らしさは尚更のこと。
 こりゃあ成人式がますます今から楽しみになってきました。

濃いめの台は白い足袋が際立って足元が締まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください