夢咲く帯、台風とともに。

 明日の台風に備えて、いや備えなくてもいつも静かな週末の一日。
 唐津の町は、ひねもす曇天。しかし池田屋は朝から賑やかでした。開店直後、七五三の一ツ身の揚げのご依頼。昼前には結婚式に参列されるお客様の着付のお手伝い。昼下がり、近くお誕生日パーティーでお召しになるきもののコーディネートのご相談。などなど楽しいご来店が続々。ひと息ついたところに届いた包みを開くと、8月に御注文頂いた裂き織りの帯たちが良い顔をして行儀良く並んでいました。羽織や小紋、紬から想像していたよりはるかに素敵に生まれ変わった帯たち。裂き織りの裂きを咲きに代えて、その名も夢咲き織り。お客様の喜ぶお顔が思い浮かんで、「早く台風が通りすぎないかな。帯に合わせて紬を誂えてくれないかな」と台風一過を楽しみにシャッターをおろしました。
 どうか日本全国で被害なく10月を迎えられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください