往年の大島紬。

 「あの、、、昨日ご相談に伺ったものなんですけど、、、」
 と大島紬をお持ち込みになりました。「ほかのきものは洋服にしたて変えたりしたのですが、この大島紬だけは思い入れがありまして。しかも姪が着たいって言うもんですから」と姪っ子さんの寸法はさておき、まずは丸洗いをすることに。全体を拝見したところ予定通り衿汚れが、しかもかなり時間が経っていて超のつく頑固そうなファンデーションと皮脂汚れ。「できる限り」という限定付でお預かりしました。「3年ほど前から唐津に住んでいるのですが、丸洗いをお願いしたくてもどこに行けばよく分からなくて、、、そんな中、表に掛けてある垂れ幕を見て」と懸垂幕での広告が実を結びました。
 どちら様もお顔ときもののシミはお早めに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください