お譲りの伊勢型小紋。

 シミ抜きでお預かりしていたきものを受け取りに来られたお客様。
 受け取るきものを包むための風呂敷かと思いきや、中から伊勢型小紋が一枚出てきました。「きっとまだ一度も袖を通してないんだと思います」とおっしゃるご親戚から譲り受けられた一枚は、仕付糸がかかったままの(一度もお召しになっていない)確信犯。覚悟はされていたのですが、残念ながら裄(袖の長さ)も身丈も寸足らずなので、これから洗い張りをして、身丈を伸ばすのに足りない胴裏地を継ぎ足して仕立てることに。
 またしても一枚、箪笥の肥やしになっていたきものを蘇らせるお手伝いができて光栄でっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください