御所解き文様の帯。

 お茶席向けにと、この夏に手に入れていた御所解き文様のなごや帯。
 そうやってあの方にこの方にと今回の企画展に向けて夏前から買い貯めてはいたのですが、こうも思惑通りにお買い上げ頂くと喜びは一入。「先日頂いたDMを見てね、これ!かこれ!って2本しか見ないつもりで今日はやって来ました」と、お忙しいお茶の稽古帰りに企画展終了間際の滑り込みでご来店されたかと思うとすぐに写真の1本ともうひとつを手にされました。最初はもうひとつの結城紬地に宝尽くし文様が市松の中に染められたのをお気に召していたのですが、来月初めにお召しになること、これから先のことなどを頭の中でめぐり巡らされてこちらに。お太鼓の位置や長さなどを細かく相談して、弊社にてはじめてとは思えないはじめてのお買い上げ完了。
 本日も朝からドタバタ劇のうちに、企画展も無事終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください