色留袖と伊勢型小紋。

 ご親族の結婚披露宴にご出席の母娘様の着付をお手伝いしました。
 数年前に「いつまでも派手な訪問着は着せられないから、」とお誂えになった若松の散りばめられた伊勢型小紋と、静かに輝く金の糸で織られた霞段の袋帯。お母様は色留袖に袋帯。一番楽しみにされていたお母様が数日前に体調を崩されたとのことで心配しましたが、お天道様のご機嫌とともにすっかり回復されていて安心しました。さらには「せっかくの御祝儀だし、」とお草履を新調して頂いたので、鼻緒を調整して着付も草履の履き心地もご満足の様子。夕方にはもうお一人、ご友人の結婚披露宴に出席される振袖のお客様の着付もお手伝いしました。
 今日は10月にして最高気温が28度!汗がきものにまで染みなければいいんですけど、、、

◉毎月7日と8日はお手入れ日和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください