しあわせの付け下げ。

 ひっさしぶりの、実に10数年ぶりのご来店に何事かと思いきや、「結婚することになりました!」と嬉しいご報告。
 しかも箪笥に眠りっぱなしだったという付け下げをお供に「両家で食事会をするので、その時にこのきものを着ようと思います!」と重ね重ね。八掛の色を合わせて、これからお仕立てへ。パールトーン加工も忘れずに。それに合わせて長襦袢を誂えて頂くことになりました。これから先、ご挨拶回り、お子様の七五三詣り、入学式や卒業式など活躍の場所がたくさんありそうなので楽しみは増すばかり。
 末長い御健康と御多幸をお祈りいたします。

追伸
秋になると「フォーマルのきもの」が『鳳凰丸のきもの』に聞こえてしまう、今日この頃の唐津です。

◉毎月7日と8日はお手入れ日和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください