久々の若旦那レッスン!

 開店一番!茶道裏千家唐津支部青年部の大型新人が現れました!
 数日前に「自分で着ないといけない日に備えて着付を教えて下さい!」とのメッセージが届いたので、当たり前田のクラッカーで応えました。大学に入学して間もない彼は、まさに弱冠。ですがお茶にお花に稽古に貪欲に取り組む姿勢は、先輩たちから一目置かれる存在です。さらに着付まで習得しようってんですから、畏れ入谷の鬼子母神。「おじいちゃんのきものと袴」らしいのですが、意外にも寸法はぴったりでした。さっそく稽古がはじまり、僕の経験から得た理由を添えて身振り手振りで手順を教えると、1度目よりも2度目、3度目になるともうお墨付きを上げていいほどの上達ぶり。あと2回ほどお稽古すれば十分、、、と楽しみがまた一つ増えました。
 彼の男前度はうなぎ上りでっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください