「祭 WITH THE KYUSHU」

 町を代表して参加しました。
 昨年12月、九州の5つの祭りがユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して行われる『祭 WITH THE KYUSHU』。「博多祇園山笠行事」「戸畑祇園大山笠行事」「唐津くんちの曳山行事」「日田祇園の曳山行事」「八代妙見祭の神幸行事」の5つの祭りが福岡市役所周辺道路を特別巡行しました。はじめて生で拝見しましたが、勇壮さや優雅さなどそれぞれに特徴があって、さすがに素晴らしい祭りばかりでした。

 しかしながら今回登録されたのは『ユネスコ無形文化遺産』というだけあって、曳山や鉾、山笠といった呼び名は違えども形あるものの素晴らしさではなく、それを氏神様の依り代として心を一つにする人々の意気、まさに無形のものに対する評価なのではないでしょうか。年を重ねるにつれて燃え上がるような気持ちからは遠ざかりつつありますが、それでも秋になると心騒ぐ、秋でなくともこうして曳山を見ると血が騒ぐ、これが祭りの良さ。そして僕たち唐津っ子が次の世代の子供達に受け継がなければならない宝物なのです。

 喉を潤そうと立ち寄ったLAWSONで252円分の買い物をしたら、中国人らしきレジのお兄さんから「ナナヒャクヨンジュウハチエンデス!」ってこんなことに(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.