白生地から誂えるお宮詣り。

白生地から誂えるお宮詣り。

 昨日は姫君の成長を祝う七五三詣り、今日は生まれたれての赤ちゃんの無事を祝うお宮詣り。の準備。
 今年に入って何度目だろう、お好みの白生地をお好みの色に染める特別に誂えるお宮詣りのきもの。前回とよく似た色ですが、織ってある地模様が異なるとまた表情が違って見えて素敵。下に重ねる襦袢の織り柄も、袖布の色柄も、既製品には絶対にない選ぶ楽しみがたくさんあります。そして!弊社自慢の仕立て屋さんが赤ちゃんの健やかなる成長を願って一針ずつ生地に落とす紐飾りの刺繍。今回はきものに鶴松と襦袢に亀松。これだけでも価値がありますよね。
 それをご親戚が縫われたとなると、尚更のこと価値があります。おおきくなぁれ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください