綿絽の浴衣に綿麻のなごや帯。

綿絽の浴衣に綿麻のなごや帯

 ひと目惚れでお買い上げ頂いた浴衣が仕立て上がったのに合わせて、帯や小物をご覧頂きました。
 浴衣を誂えられた時には鼠系の紗の半巾帯をご覧になっていたのですが、若い女子たちに差をつけたい先輩女子にはお太鼓をおすすめしました。写真ではうまく表現できていませんが、帯は極々淡い桜色の無地、蜻蛉玉はそれよりも少し色味のある珊瑚色、丸組の紐はほんのり赤みのある茶色の同系でまとめて、ただでさえカッコイイ浴衣を引き立てつつ小物のお洒落を楽しんで頂く組み合わせ。「めったに池田屋さんには来ないけど毎週水曜日は休みでしょ、けどここの横を通る時にシャッターが閉まっていたらなんとなくガックリくるんですよね」と意外にも気にかけて頂いていたことがとっても嬉しかったので報告します(笑)。
 さて、お召しになる日がますます楽しみになって来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください