来年に向けて浴衣に片貝木綿に。

来年に向けて浴衣に片貝木綿に。

 お盆休み明けの初日。「女将さんのInstagramを見て来ました!」とは、実に10数年ぶりの御来店。
 前回はお客様のご紹介で「お顔のシミ以外なら落とせます」と豪語する神様仏様日名川茂先生をお招きした『シミ抜きのいろは』講座を受講されました。ちっともお変わりないお元気な姿を拝見して嬉しかったのですが、「夏も終わりかけに浴衣を誂えようかと思って見に来ました」と二重の喜び。数が少なくなった中から僕も女将もおすすめの一枚をお客様にも即決で気に入って頂きまして、帯と三分紐は僕の独断で。えへっ、「それともう一枚。さすがに9月に入ってから浴衣を着る勇気はないので、お茶のお稽古用になるきものを。そうそう、その下に着る長襦袢も一緒に、」と木綿が多めに麻と織られた片貝木綿、それから近江麻の長襦袢を。「浴衣は来年の夏の楽しみにとっておきます!」と笑顔でお帰りになりました。
 まだまだ熱いんです、名残りの浴衣誂え合戦。嬉しい御来店はつづ、、、いてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください