お宮詣りのきものを誂える。

お宮詣りのきものを誂える。

 白生地からお好みの色に染めて一ツ身を。背中には華やかな刺繍紋をひとつ。
 お名前にちなんでではありますが、先日御注文を頂いた別のお客様につづいてまたしても鮮やかな黄色。このきものに重ねてお召しになる長襦袢は、いくつかご覧に入れた中から真っ白に金箔を散りばめたのような織柄におばあちゃんが即決!さらに重ねる袖布は色柄のあるものをご覧に入れたのですが、桜色に無病息災の願いが込められている瓢箪が染められたものに。もっとはっきりとした色柄を選ばれると思いつつも、もしかしたら?と入れておいた優しい色柄の瓢箪に決定。
 今月末のお宮詣りには刺繍紋が間に合わないので、ひとまず仕立ててお盆明けには納品せねば。なんてことよりも赤ちゃんの健やかなる成長をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください