鉄線の浴衣が嫁ぐ日。

白地に鉄線の浴衣。

 好きで好きで昨春に染め出しを依頼した白地に鉄線の浴衣
 今朝、低くしているつもりの敷居を高そうにまたがれたお母様と小麦色のお嬢様。すぐに打ち解けて話を伺うと、「数年前からずーっと浴衣が欲しかったのですが、その時から新型ウィルスの影響で着て行く場所も無くなってしまい浴衣を買い逃していました。これを機に自分で着れるようになりたいです!」とはスタイル抜群のマーメイド。さっそく今月末のイベントに浴衣をお召になって参加されるとのこと。好きで好きな鉄線の浴衣をおすすめすると、ほかの色柄には目移りされずに帯選びが始まりました。つづいて蜻蛉玉に三部紐に、下駄に、とても楽しくおしゃべりしながら楽しく選んで頂きました。さっそく女将とスマートフォンで繋がって浴衣レッスン入門完了。
 「前から池田屋さんに来てみたかったんですけど、敷居が高くって(笑)」とおっしゃったのも今は昔。お洒落の夏はまだまだ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください